ニキビ大辞典

ニキビ大辞典

人と水の関係

人の体は60%が水分でできていると言われています。

体内細胞は水で繋がれて構成されている部分があり、
たとえ数日食事をしなくとも皮下脂肪を消費して生きていられますが、
水分を取らないでいると脱水症状を起こして死に至ることがあります。

今の時代、高性能な浄水器もあり水道水も昔より格段に良くなってはいますが、
やはり、より安全でおいしい水・体に良い水がいいと思うものです。
では、どういうものが人体にとって良い水なのでしょうか。

種類は色々ありますが、害がなく、体に必要なミネラルが豊富な水が望ましいです。
ミネラルと聞いて想像するのはミネラルウォーターではないでしょうか。
一口にミネラルウォーターといっても、その含まれている成分は様々です。

ここで1つ「バナジウム」というミネラル成分をご紹介いたします。
バナジウムとは、富士山付近から湧き出る水やヒトの体内に含まれている、
カルシウムなどと同じミネラル成分です。

血糖値やコレステロールを下げ、インスリンと同様の働きをすると言われ、
糖尿病治療やダイエットへの効果が期待され、今多くの研究が行われています。

バナジウム入りの商品は多く販売されております。

バナジウムですが、ペットボトル入りの水が販売され、
もはや水を「買う」のが日本でも当たり前になった時代。

色々な種類の水が発売されている中で、
バナジウムと記載されているミネラルウォーターをよく見かけると思います。

よく見かけるけど...このバナジウムって一体何なんでしょうか。
普通のミネラルウォーターに比べてはやり栄養素は高いのでしょうか?

気になったりはしませんか?バナジウムと言うのはミネラルの一種になります。
バナジウムは各種金属に添加して用いられ機械的性質や耐熱性が向上します。

さらに様々な生物から検出されその中でもホヤという生物中には
血液にバナジウムを高濃度に含む種類のものもあります。

そして、バナジウムは人体内でインスリンにに似た働きをする為、
糖尿病治療薬になるのではないかと大変注目されています。

また最近ではバナジウムを健康やダイエットに効果的ではないかと話題になっている為、
多くのバナジウム製品が発売されるようになりました。








Copyright(c) 2009-2011 ニキビ大辞典 All Rights Reserved.